日曜の計画

今日のこと これからのこと

仙台の祖父母

両親が仙台出身のため、祖父母、親戚は仙台にいます。


数年前、二人の祖父はいなくなってしまいました。

わたしにはおじいちゃん。と、呼べる人がいなくなった。


ふと、何かの拍子で思い出す。

祖父母は、いつもおしゃべり。
会話がいつも続いていた。

おじいちゃん、洗面所で勢いよくうがいをする。

こっそりと新聞を読みながらタバコを吸う。

おじいちゃん、いつから吸ってたんだろう。

たばこが大嫌いな私は、とても臭かった。
においでわかるよ、おじいちゃん。


戦地にいっていたおじいちゃんは、もしかしたら吸いたくても吸えなかったかもしれないそれを、楽しんでいたのかな。わからないけど。


朝は、祖父母並んで食卓。
トーストを焼いて4分の1にカット、そこにバターをぬる。サラダを食べる。ゆで卵も。
牛乳をチンして温める。

朝の連続テレビ小説をみながら。

キャラクターのついた箸、マグカップ、ブタの醤油差し。
夜静まった台所のにおい。

祖母が夜に鏡台でつけるコールドクリームのにおい。

父が結婚する前に暮らしたその家。


少し階段が急で、廊下は冬は凍えるように寒い。

トイレの流す音。お風呂の扉の音。

帰省すると、父が2階で聴くレコードの音が響く。
レコードのある父の部屋には、父から母に宛てた、またその反対の手紙やハガキ
があるのを見つけてしまった。

結婚する前の両親の手紙。


部屋のにおい。

陽がたっぷりとはいる部屋で、昼寝をしたこと。

これもそれも全て何年も前の話。

おじいちゃんはもういないけど、
90を越えたおばあちゃんに会いに行きたい。


いつもする後悔の前に。


ふと思ったこと。







  1. 2015/10/22(木) 14:25:42|
  2. 日記